どうも、KTV MANILA です。

本日はショーアップのネタを。

初めてのKTVではショーアップをすると思います。

ショーアップとは、自分の好みの子を指名する為に、女の子を目の前に並べてくれるシステムです。

KTVでの醍醐味の一つでもあります。

ただ、初心者ほどショーアップの迫力に圧倒されてしまい、タイプではない子を選びがちです。笑)

仲間内では、ショーアップの際に「スカウター」という言葉を使います。

そうです、ドラゴンボールのアレです。笑)

ちなみにショーアップ中のベテランさんと中級者君はこんな感じ。

o0319022711584396744

 

 

不細工な子を指名しちゃった仲間には、「スカウター精度悪いね。故障してるんじゃないの?」と、こういう感じで使います。

いい子を指名した場合は、「新型スカウター調子いいね。」みたいな。笑)

自分の指名も気になりますが、意外と周りの指名も気になりますよね。

そこにスカウターの差が出てくるのです。笑)

 

時たま、スカウターが完全に故障している場合があります。

WS000008

注) この場合は、故障ではありません。

お店にブサイクしかいないということです。笑)

次のお店に移動しましょう。

 

そして、希にスカウターで計測不可能な超マガンダちゃんに出くわす事もあります。

1c7f6c39

20110421205105

i320

この時ほどKTVに通って良かったと思うことはありませんね。笑)

ショーアップに勝った瞬間です。

フィリピンでのスカウターは、年季が経つにつれて、精度が上がってくると思います。

 

ちなみに我々は地球人なので、氣で気配や戦闘力を感じることが出来るはずです。

そして、戦闘力のコントロールを生まれた時から身に付けています。

あとは自分の如意棒のコントロールを覚えれば問題ありません。笑)

 

 

 

コメント一覧
  1. アバター シゲちゃん より:

    お疲れ様です。
    如意棒のコントロールが出きる様になったら、もはや仙人の域ですね。
    Loveコールに負けて日曜日マラテ向けです。

  2. アバター ベテランさん より:

    シゲちゃんさん、お疲れ様です(^_^)
    亀仙人目指しましょう。笑)
    日曜日のマラテは空いていていいですよね(^_^)

  3. アバター DRE より:

    私はいつまでたっても亀仙人の域を出られそうにないですね

  4. アバター ベテランさん より:

    DREさん、お疲れ様です(^_^)
    亀仙人=武天老師ですからね。
    KTVで、ぱふぱふしてもらうしかないですね。笑)

  5. アバター ROMI より:

    確かに私のスカウターの精度が上がっているのかもしれません。
    決して戦闘力の高い相手を選ぶことはなくなりましたらね(笑)

  6. アバター ベテランさん より:

    ROMIさん、お疲れ様です^ ^
    強い相手との戦いを回避するのも、強さのうちですよ。笑

  7. アバター 自称中級者 より:

    シゲちゃんさん。
    日曜日のマラテ良いですよね。Loveコールは仕方ないです(笑)

    DREさん。
    ボクも仙人は無理ですね。いつも如意棒…。

    ROMIさん。
    ROMIさんの戦闘能力も高いと思います。ボクのスカウターは知人が言うには、壊れている(機能していない)とのことです 涙
    なんでその子?ってことが多いようです。ボクはどこ行っても楽しんでるんですけどね。

  8. アバター danzoko より:

    中身が見れるスカウタ‐下さい。(泣)

  9. アバター ベテランさん より:

    danzokoさん、お疲れ様です^ ^
    それ、私も欲しいです。笑
    100万くらいなら払いますから。笑

  10. アバター 自称中級者 より:

    danzokoさん
    何かあったような感じですね。ボクも欲しいです。

コメントを残す

おすすめの記事