真夜中の訪問者

自称中級者
自称中級者です。

KTV巡りを終え、シャワーをして、コンタクトをはずし、ボクはホテルの部屋で寝ていました。

時刻は4時前。

電話が鳴ります。

寝ていましたが、びっくりして飛び起きました。

 

 

自称中級者
こんな時間に何の用ですか?
ボーイ
ゲストの方が来てます。
自称中級者
名前は?
ボーイ
○○さんです。

 

午前

 

スポンサーリンク



 

 

ベロンベロンに酔っています(笑)

 

 

指名子
すっごい気持ち悪い。このままじゃ家に帰れないから、寝かせて。

 

 

それが仕事なんだから頑張って帰りなさい…とは言えませんでした。

 

 

部屋に入るなりトイレへ。

 

リバース。

 

今までに聞いたことのない、雄たけびのような感じで吐いていました。

 

一人で大丈夫だと追い返されますが…数分後全く音がしません。

 

アル中か!?と思い心配になって見に行くと…床で寝ていました。

 

お姫様だっこして、ベッドに移動です。

 

めちゃくちゃお酒臭く、こっちまで酔ってしまいそうでした。

 

一緒にいたら気持ち悪くなると思ったので、ソファーで寝ることにしました。

 

爆睡

お互い超爆睡でした。

気が付いたときは16時。

指名子はまだ寝ています。

 

ボクは夕方ちょっとした用事がありました。

19時前には起きて仕事に行くだろうと思い、指名子を残して外出。

何かあれば携帯に連絡するようメモは残しておきました。

 

用事から帰ると…

まだ寝ていましたが、しばらくすると起きました。

 

指名子
寝させてくれてありがとう。あんまり昨夜のこと覚えてない。
自称中級者
気分はどう?
指名子
二日酔い。水ちょうだい。

 

 

ちゃんと準備してあります(笑)

 

自称中級者
もう19時だよ。仕事行かないと。
指名子
同伴する約束でしょ?

 

 

続く。

 

 

ランキングに参加中です。
 



スポンサーリンク

シェアしてくださると嬉しいです

KTV Manilaのまとめページ

2 件のコメント

  • 自分の生活リズムに合わせてくれればいいんですけど、こうなると1日潰してしまう感じになっちゃいますよね。
    私は、これが嫌で1人寝派なんです(笑)