日本のフィリピーナに大当たり

自称中級者
自称中級者です。

 

日々ネタはないかと模索している中、読者の方から一緒にフィリピンパブに行きましょう(^^)/という連絡が来ました。

ちょうど暇なときだったので、お供させていただきました。

 

読者さん
良いお店見つけたんですよ。一緒に行きましょう。
自称中級者
OKです。

 

読者さんはそのお店にハマっているらしく、毎週通っているみたいでした(笑)

 

 

私の車でお店まで行きます。

社内では二人ともテンションが高かったです。

 

読者さん
私は指名がいるので、自称中級者さんには私が可愛いと思っている子を指名してもらえればなと思います。
自称中級者
わかりました。

 

選択権がない!?

空振り

 

読者さんの指名子と友達かもしれません。

 

ナイスアシストが出来れば良いかなという気持ちになりました。

ナイスパス出します

 

 

スポンサーリンク



 

 

いざお店へ

お世辞にもキレイなお店とは言えません(汗)

お店に入った瞬間、読者さんに歓喜の声です。

キャ~キャ~言われています。

 

席に着いて、読者さんが段取りをしてくれます。

 

読者さん
中級者さんの指名子は向こうにいます。
自称中級者
あの子ですか?

 

きた~~~

god

 

 

今までの指名子(もちろんフィリピン含む)の中で、トップスリーには入ります。

 

 

読者さん
タイプですか?
自称中級者
タイプです!!!

 

 

yeah

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

自称中級者は違和感を覚えます。

 

その指名子は、おっさんと手を握り合っているだけで、会話をしていません( ゚Д゚)

 

 

 

 

地雷譲なのでは?

 

 

 

 

 

読者さん
あの子、来たばっかりで日本語話せないんですよ。指名してる人もおっさんばっかりで、会話できないって聞きました。
自称中級者
そうなんですか…。

 

 

そのお客さんはチェックして帰って行きました。

 

ボク等のテーブルに来て、指名子はキョトンとしてます。

なぜ自分が指名されたのかわかってないようです。

まぁボク等は初対面ですからね(笑)

 

ここで読者さんが指名の経緯を説明。

 

読者さん
彼はタガログ語も英語も話せるよ。
自称中級者
タガログ語は話せませんよ(笑)

 

指名子といつもの自己紹介等をします。

 

指名子
あなたのこともっと教えて。何でタガログ語知ってるの?
自称中級者
昔半年だけ住んでたんだよ。
指名子
フィリピンに彼女いるの?
自称中級者
いないよ。
指名子
フィリピーナと付き合ったことある?
自称中級者
あるよ。

 

 

矢継ぎ早に質問されます。

時折、冗談を交えて会話します。

 

 

読者さん
こんなにテンション高い彼女見たことない。
自称中級者
そうなんですか~。

 

現地にいるような感覚になれました。

 

 

しかし、携帯の番号を聞かれなかったので、お店スタイルと決めつけた自称中級者。

 

時間になったので、チェックして家に帰ったのでありました。

 

 

 

 

続く。

 

 

 

 




スポンサーリンク

シェアしてくださると嬉しいです

KTV Manilaのまとめページ

2 件のコメント

  • フィリピンパブは、チヤホヤしてくれてナンボなんですよね。
    現地KTVでは、あれだけガツガツしてたのに、日本に来た途端ずいぶんとお高くなっちゃうのはなんでしょう?(汗)

  • 自称中級者さんみたいに若いだけで国内ではポイント2倍ですよ。私みたいなジジイは敗者復活戦からの参戦ですからつらいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。