一難去ってまた一難

自称中級者
自称中級者です。

前回からの続き

修羅場 自称中級者編

2016.06.24

 

泣く02

 

スポンサーリンク



 

 

ホテルに戻ったのは8時くらいでしょうか。

指名子2から連絡が来ます。

 

指名子2
嘘つき。パロパロジャン!!!お酒飲んでる!アナタノセイ!ワタシナイテル!!!アナタノセイ!!!
自称中級者
楽しんでください。
指名子2
もし時間があるならお店で話し合いましょう。

 

別に話し合うことないし…

ここで営業!?

 

自称中級者
Good luck.

 

 

彼女でもないのに、指名子2が残した爪痕は最強でした。

 


 

超爆睡

起きたのは16時頃だったと思います。

本日が最終夜。

 

ボクはこのとき気が付きました。

 

指名子1が好きだと

 

 

初心者のようにハートを持っていかれていたのです(笑)

キュイン

最終夜なので、ずっと一緒にいたい。

 

早速、指名子1に連絡をします。

 

自称中級者
今日は最終日です。色々と話がしたいので同伴しない?
指名子
あなた一杯女いるでしょ。
自称中級者
俺は君といたいから。
指名子
わかった。それならご飯いきましょう。

 

ちょっと見栄でハイアットのビュッフェにいきました。

一人2500ペソ。

楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

そしてお店に行って延長の繰り返し。

12時過ぎにベテランさん合流。

しかし、1時過ぎにやはり飽きてしまいチェック(笑)

 

最後の一軒へと繰り出すのでした。

 

続く。

 

 

 

 




スポンサーリンク

シェアしてくださると嬉しいです

KTV Manilaのまとめページ

1 個のコメント

  • お店が楽しいって感じている時は、どんどん延長しても大丈夫だと思います。
    いづれ飽きる時期がきますからね(笑)