ノンフィクションシリーズ 7-07

KTV Manila(自称中級者)です。今回もノンフィクションシリーズ07でございます。

b0135573_22262636

 

スポンサーリンク




 

急遽Bとボウリングをしに行くことになった自称中級者。実はボク・・・ボウリング得意なんです(笑)

大学の授業の一環でプロのレッスンを数回受けたことがあります。マイボールはありません。

Bはボウリング初めてということで好きなように投げていますが・・・ガーターの連続。倒しても数本。

その間、ボクは何度かストライクを取ります。Bは初めてなのでルールも知りません。

B「何で一回しか投げないの?」

ある程度ルールを説明します。Bのスコアは目も当てられません。 ボクがストライクを取ると肩パンです←普通ならハイタッチ。

ボク「これ勝負してたよね?」

B「えぇ~何?」

ボク「1ピン10ペソかな」

100ピン差以上ありました(笑)

B「えぇぇ~じゃジュースにして・・・」

pin

1ゲーム終わってBは満足したようです。

B「サンミゲルライト一緒に飲もう。」

ボク「俺飲めないの知ってるでしょ。」

B「一緒に飲もうよ。お願い。」

かくして飲むことになりました。お金はボクが払ってあげました。飲んでいると・・・

B「一緒に写真撮ろう。」

撮りました(笑)こういうのけっこう好きな中級者です。

B「今日は本当にありがとう。楽しかったし、ストレス発散になったし、あなたとの良い思い出になった。」

kkohgfdseg

 

ボク「・・・・・・・・・・」←初級者に戻る

 

B「あっ、もうこんな時間。お店遅刻だ。気を付けて日本に帰って。本当にありがとう。」

ボク「・・・・・・・・・・」(????)

帰ろうとするB。理解できない自称中級者。

 

ボク「同伴でしょ?」

B「・・・・・・・・・・・・・同伴しなくていいの。私が誘って遊びたかったんだから。」

ボク「俺もすごい楽しかった。ありがとう。お店でもう少し話そうか。」

Bは同伴してくれるとは思っていなかったようで、今までにない笑顔です。

ボク「ハグしていい?」

B「ダメ!!!でも、本当に良いの?嬉しい!!!」

という流れでBのお店に行くのでした。

 

 

続く。




スポンサーリンク

シェアしてくださると嬉しいです

KTV Manilaのまとめページ

2 件のコメント

  • 私は、ボーリングがとっても苦手です。
    その昔お店のボーリング大会でダントツのビリで大恥をかいちゃいましたよ(汗)

  • ROMIさん、お疲れ様です(^_^)
    私もボーリング、ビリヤードは苦手です(・・;)
    ゴルフなんて、一度もやったことがありません。笑)
    女の子に対してストライクやホールインワンを決めて楽しんでいます。笑)