ノンフィクションシリーズ 7-03

KTV Manila(自称中級者)です。今回もノンフィクションシリーズ7です。

20120305_1126701

 

スポンサーリンク




 

次の日・・・昼までがっつり寝ているとAから連絡がありました。

「今何してるの?」

この子はボクがフィリピンにいると営業が上手です。

「今起きたよ。」

数時間後に返信があります。

「今回あと少しでポイントが良いところまでいくので同伴して欲しい。」

おぉ~かなりストレートな営業ですね。この日は別に用事もなかったので承諾しました(笑)

「コーヒーでも飲みながら話でもしようか。でも、ロビンソンに行くと誰かにお互い見られるからホテルのカフェでもいいかな?お店にもすぐに行けるし。」(iPhoneの件で疑っており、なるべく危機回避したい)     「大丈夫。1時間後に行くね。」

1時間後…ホテルの入口についたから降りてきてと連絡あり→入口に行く自称中級者。15分後A到着(笑)

「カフェの所暑いから部屋でルームサービスして飲もう。」

「いいよ。」←いいんかい!!!

ってなわけで、部屋に入ります。正直な話、この段階ではムラムラ感とか下心はありませんでした。なんせiPhoneの件で疑ってますので←くどい!?

「チョコレートが冷蔵庫に入ってるから見ていいよ。」

「本当?うわ!!!こんなに種類あるの?」    「カバンに入るだけあげる。」←あげてしまえば溶けてもこっちのせいではない(笑)

ちゃんとルームサービスでコーヒーを注文。しばらく待ちます。15分経ってもコーヒーが来ません。

4747477

「私眠い。」スタスタスタ。ベッドの中へ。    自称中級者の心境↓

9586b529206a4d7f5e76d265faf7a205

自称中級者はちょっと潔癖症であります。せっかくキレイにしてもらったベッドは寝るときまで入らないのが信条。オオオオオレのルールが!!!

しかもベッドの中でチョコレート喰うな!!!

これは何とかしてベッドから出てもらわないと困ります。ボクも横に行きますが反応なし。アマイアマイタイムに突入しますが・・・   「ワタシセイリアルダカラ(もちろん英語ですよ)」

ボクはこの言葉を聞かされると急激にテンションが下がる&落ち着きます。

ですので、攻略することを放棄します。

その時!!!コンコンコン。コーヒーが来ました(^O^)/タイミングが良いのやら悪いのやら。

続く。

 

読者投稿・ご質問・KTV調査依頼やご意見などは「お問い合わせ」でご連絡下さい(^O^) にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ ←ランキング参加してます。ポチッとお願い致します!
にほんブログ村




スポンサーリンク

シェアしてくださると嬉しいです

KTV Manilaのまとめページ

2 件のコメント

  • 私も同じです。外着でベッドに入られるのが嫌いなんです。
    あとシャワールームをびしょびしょにされるのもNGなんですよ(汗)

  • ROMIさん、お疲れ様です^ ^
    基本的に後の人の事を考えるフィリピン人は少ないですよねf^_^;)
    ブルーになります。笑