ノンフィクションシリーズ 7-01

KTV Manila(自称中級者)です。

今回は指名タレントが二人になってしまったお店の話です。

hokutotenseikitaichi

 

スポンサーリンク




 

 

簡単に指名が二人になってしまった経緯を書きます。

そのお店で一人指名(A)。他の店で指名していた子がこのお店に異動(B)=指名二人。

もともとそのお店で指名していた子からするととばっちりです。ボクはBに面接を受けていると聞いていましたが、そのお店には指名がいることを伝えていました。

AもBもどちらを選ぶかはIt’s up to youということでギリギリまで悩みました。

渡比前までの期間で決めることにしておりました。 Aはあまり連絡がありませんが一応古株です。Bはそこそこ連絡はありますが、ATフィール全快でハグもできません。そしてすぐ切れます。

渡比前にちょっとBと喧嘩してしまったので、やはりAを指名することに決めました。 Aにいつフィリピンに行くか連絡します。Bには連絡しませんでした。 そして、お店に行きました。ウエイティングエリアにはBがいました(笑)ボクがフィリピンにいることは知らないのでびっくりした様子です。

Bの隣にいる子はベテランさんが指名しているので、軽く挨拶します。Bはずっと下を向いています。

0

案内されて部屋に入ります。

ママ「ご指名は?」

hokutotenseimode

ボク「Aです。」

続く。

 

読者投稿・ご質問・KTV調査依頼やご意見などは「お問い合わせ」でご連絡下さい(^O^) にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ ←ランキング参加してます。ポチッとお願い致します!
にほんブログ村




スポンサーリンク

シェアしてくださると嬉しいです

KTV Manilaのまとめページ

5 件のコメント

  • こういうパターンって嫌ですよね。Bの方が道連れ覚悟で話しを盛りに盛って中級者さんとの関係を話せば、Aの方との関係も気まずくなりますし・・・(汗)

  • ROMIさん、お疲れ様です^ ^
    客(ポイント)の取り合いですからねf^_^;)
    女のこういうの、大嫌いですf^_^;)

  • 今の日本のフィリピンパブでは、ほとんどこんな状態です。アルバイトのピーナがほとんどですから、10件ほどのお店をぐるぐる移動しているので、どっかでは必ずばったり当たりますね。私の場合、指名をどうしようか?というよりは、嘘がバレることが多かったですね。

  • jupiterさん、お疲れ様です^ ^
    ネットワークというよりも、神出鬼没みたいな感じですね。笑

  • ROMIさんコメントありがとうございます。
    Bとは何もなかったのが不幸中の幸いです(笑)

    jupiterさんコメントありがとうございます。
    アルバイトなるタレントがいるのは日本のフィリピンパブに行って初めて知りました。彼女らは間違いなくベテランですよね。