ノンフィクションシリーズ 4-01

KTV Manila(自称中級者)です。

自称中級者として色々経験してきましたが今回はボクの失敗談と言いますか、恥ずかしい話をしたいと思います。あるKTVで知り合ったタレントとの話です。このお店だけはいつも回避しております。

 マグロ

マグロ0021

 

スポンサーリンク




 

「仕事終わったら行ってもいい?」と連絡が来ます。どうせ来ないからという心構えでいますので、自分のペースが狂わないようにしています(←ここら辺は中級者)

来るも来ないもタレント次第。寝る準備をしつつ、読書やネットをして楽しみます。

タレント到着。

この時は寝る前の儀式(シャワー→読書→ネット)をしていたので、自然と眠くなり就寝。

昼頃に起きて向こうから甘い甘いしてきます。自然とそういう流れになりますが真っ直ぐ横たわったまま…ほほう。これが噂にきくマグロ女だな。

terekuma

ブラジャーを取ろうとしますが、I’m shy. と言って取らせてくれません。すごく素っ気ないセック○となってしまいました。

数分後タレントが電話しています。どうやらお母さんのようです。

ボク「お母さん何て?」

タレント「体調が良いって。あと日本人の彼氏が出来たよって報告した。」

ボク「日本人の彼氏って???」

タレント「あなたに決まっているでしょ。」

やっちまったー。←色んな意味で。

 

変貌してくタレント

仕事の時間になっても部屋を出ようとしません。

ボク「仕事行かないと。俺は用事があって行けないよ。」

タレント「店長に同伴するって言っちゃった。」

ボク「今から出れば間に合うから大丈夫。」

タレント「店長に同伴するって言っちゃったから、同伴しないと今月の給料もらえない。」

今月の給料もらえないってありえないから!!!

タレント「友達との約束終わるまでここで待ってる。」

めんどくせぇ~。

頑として動こうとしません。彼氏だから何とかしてよねという態度が出ています。

 

NOと言えない日本人

同伴してあげることにします。

タレント「お腹空いた」

何食べたい? It’s up to you. 近くのレストランに入ります。写真付きのメニューなので好きなものを選ぶように言います。

タレント「中華料理わからない。あなた選んで。」

ボクの怒りのボルテージもかなり溜まっていたのでチャーハン、焼きそば、ギョーザ等を頼みます。

タレント「私ごはん嫌い。これ美味しくない。これは食べれる。」

焼きそばだけ食ってろ!!!

お店に行くも苛立ちは募るばかり。60分程でチェックして違う店に行ったのでした。

今後どうなったのかは聞かないでください(笑)このタレントの変貌ぶりにはすさまじいものがありました。機会があれば続き書きたいと思います。

次回もノンフィクションシリーズです。

 

読者投稿・ご質問・KTV調査依頼やご意見などは「お問い合わせ」でご連絡下さい(^O^) にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ ←ランキング参加してます。ポチッとお願い致します!
にほんブログ村

 

 




スポンサーリンク

シェアしてくださると嬉しいです

KTV Manilaのまとめページ

2 件のコメント

  • 自称中級者さん
    この後の変貌ぶりを聞きたいですね。この自分勝手はフィリピーナの特権ですかね。
    ほんとに自分のことしか考えない、この性格には呆れますね。昔、経験があります。
    この続きを早く読みたいです。

  • jupiterさんコメントありがとうございます。
    このシリーズ4はこれで終了です…。勘違いさせてしまう文章で申し訳ないです。
    変貌ぶりはjupiterさんの想像で当たっていると思いますが、お金の請求はありませんでしたね。