風の如く

昨日は久しぶりの予約投稿エラーを喰らって、更新が昼過ぎになってしまいました。申し訳ございません。

 

自称中級者
Aさん大丈夫ですか?
Aさん
大丈夫よ。

 

ここはボクがしっかりしなければ!!!

 

 

この時のボクは不思議な気持ちでした。

ちょっと酔っ払っている。ベテランさんがいない。何かあっても連絡がとれない。ボラカイという場所。

 

スポンサーリンク
 





 

不安なのに、その状況を楽しんでいる自分がいました(笑)

こういう気持ちって子どもの頃にしか味わったことがないような…。

 

色々と考えているうちに目的の場所に着きました。

 

写真におさめようと思っていたのですが、無理でした。

俗にいう置屋で、予想していたよりも遥かに汚いです(汗)

 

こんなところに人が住めるのか?ってレベルです。

お店のドンであろうママはでっぷりとしております。

 

女の子が5人くらいしかおらず、選べる子もいません。

トライシクルの兄ちゃんに、他のお店はないのかと聞きます。

 

トライシクルの兄ちゃんとママが話し出します。

待っている間にどんどん女の子が増えました(笑)

15人くらいにはなったでしょうか。

 

 

Aさんは置屋というものを知らず引いていました。

ボクも実際に見たのは初めてでした。

 

 

 

Aさん
俺ここでやるのは無理。

 

 

 

確かに…無理。

 

 

どういうシステムなのか詳しく聞いてみると、宿泊ホテルまで移動するとのこと。

 

意外に可愛い子がいたので、連れて帰ることにしました。

 

ママさんが値段を吹っかけてきました(3000ペソ)。

 

自称中級者
この兄ちゃんに2500ペソって聞いているけど?

値段は言い値に(笑)もうちょっと値切れそうですね。

値切りすぎて問題にならないようにしてくださいね(笑)自己責任でお願いします。

ママにチップを要求されましたが無視しました。

だってママさん何もしてないじゃん。

 

 

自称中級者のドキドキ冒険はここで終わりました。

 

推定Dカップはあろう子だったのですが、脱いだら小豆しかありませんでした(笑)

盛り過ぎにもほどがあります(汗)

 

ボラカイの予定を10回以上聞かれました。かなりのメンヘラ嬢でした。問題が起きなかったのが奇跡かもしれません。

 

ボラカイで夜遊びをしたい人は、トライシクルの兄ちゃんに聞いてみましょう。

ちなみにボクが行ったのはステーション3でした。

 

 

 

続く。

 

 




スポンサーリンク

シェアしてくださると嬉しいです

KTV Manilaのまとめページ

1 個のコメント

  • 行き当たりばったりでこういう場所で遊べるんですから、素晴らしいスキルだと思います。
    お店のレベルは・・・なんとなく伝わってきますよ(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。