ボクは料理ができない

自称中級者
今日はエイプリルフールですね。嘘は午前中までというのルールみたいですよ(笑)

異国の地での生活

ベテランさん&元後輩が近所にいることにより、孤独感は全くなく、生活にはすぐ順応しました。

この頃はフィリピンについて調べるのが日課となっておりました。

ポケットワイファイが遅いのでベテランさんの部屋でいつもパソコンをいじっていました。

 

ボクは料理が全くできないので、よくベテランさんの手作り料理を食べていました。

 

ベテランさん
カレー食べる?
ベテランさん
からあげ食べる?

 

ベテランさんは料理が上手です。

 

スポンサーリンク
 





 

 

 

毎回ごちそうさまでした。

 

 

とある日

早めに宿題が終わった自称中級者はKTVに行きたくなってしまいました(病気)。

マカティにKTVがあるのを知らなかった自称中級者。

無理をいって連れて行ってもらいました。

 

この後くらいでしょうか

元後輩が更にぞっこんになっていったのは。

一緒にいるときは常にスマホを気にしており、連絡がないとカリカリしていました。

 

A店の同伴に誘われることもしばしばありました。

本当はベテランさんもいたほうが安心して遊べるのですが、そんな悠長なこともいってられません。

段々とボクもレベルアップしていき、一人で遊べるようになっていきました。

 

A店に行く回数がダントツ多かった時期です。

 

そして事件が起きました。

 

 

続く。

 

 

 

 




スポンサーリンク

シェアしてくださると嬉しいです

KTV Manilaのまとめページ

1 個のコメント

  • 私は、全く料理が出来ないんで料理の出来る方を尊敬します。
    お米を炊くこと以前にお湯すら沸かしませんからね(汗)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。