やっと実現

自称中級者
ポンツーンの死闘を終えて、違う死闘へ向かいます。

留学時に何度も志願していた…Air Force One に連れて行ってもらいます。

 

留学時に頼んだ時は…

ベテランさん
そういうところ行かないから。

 

スポンサーリンク
 





 

 

ボクの留学時、やり残したことでもありました。あの頃は二人ともKTVエンジョイタイムでしたからね。懐かしいです。

 

その願いが2年ぶりに叶いました。

 

エコノミーもビジネスも両方チェックしましたが、値段の差がわかりません(笑)

こういうのはフィーリングです。悩んでも女の子が痩せたり、可愛くなったりすることはありません。

なのでサクっと選びます。

エドコンのようにうざいママや、うるさい音楽もないので楽です。

 

部屋に通されるとボーイが飲み物の注文を聞いてきます。

かなり喉が乾いていたので水を注文。

ボーイ
150ペソです。
自称中級者
150ペソね。

 

ちょうどを支払います。少しすると選んだ子が部屋に来ました。

ボーイの飲み物どうしますかという問いに、自分だけ飲むのは申し訳ないと思ったので、注文してあげました(良いカモだと後で知る)。

この時、200ペソで支払い。

ボーイがなかなか部屋を出ようとしません(笑)おつりの50ペソをあげました。

自称中級者(心の声)
部屋案内とドリンク持って来ただけでチップかよ(笑)

 

対戦自体は傑出する部分はありません(笑)

次いつ来る?くらいでしょうか。

事務的対応だったので次はないですね。

 

先輩方(今回の旅は自称中級者が一番年下)を待たせるわけにはいかないので、嬢のマッサージ等々は断り、待合室へ。

他の人の感想を聞いて、自分の子は「はずれ」と確信した自称中級者なのでした。

 

 

 

その場で完結型なので非常に楽です。

 

 

 

続く。

 

 

 




スポンサーリンク

シェアしてくださると嬉しいです

KTV Manilaのまとめページ

1 個のコメント

  • たまには、こういうお店もいいですよね。
    昼間に身軽にしておくと夜の行動も活発になりますもん(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。